「好きなもの」を、ながく使う

気に入っていた白のふわふわのニットワンピースが

だんだんよれてきて

外出にはちょっと。。。

ということになってきまして

 

去年は上下を切り離して

上部はそのままセーターとして

スカート部分はトートバッグに変身しました

写真%201

写真%202

 

そして一年着たセーターも

やはりなんだか頼りなくなってきて

今年は「フェルト化作戦!」

 

何度も何度もお洗濯を繰り返し

(わざとネットにも入れず)

お湯で洗ったり、乾燥機にかけてみたり。。。

 

そうして子供サイズになった私の大事なセーターちゃんは

きゅんと縮んで、ちょっぴり固め

「なんとなく、フェルト化成功!?」

(左は女性物Sサイズ)

写真%202

 

胴体部分は、湯たんぽカバーに

写真%203

 

腕の部分は、アームウォーマーに

写真%201

 

残りの生地で、小さなまぁるいピンクッションを。。。

写真%204

 

初めのニットワンピースからは

随分といろんな時代を経ながら

姿かたちを変えて

今も私のそばにあってくれます

 

ファーストフード、ファーストファッション

そんな言葉があるけれど

「早いこと」「安いこと」

それには、それなりの理由があるわけで。。。

 

その背景を知ると

「早ければいいじゃない」「安くてラッキー」

と、単純には思えないことが

世の中にはたくさんあります

 

本当に気に入ったものを、手にとって

そのときは多少お財布が汗をかいても

それでもずっとながく愛用できるのであれば

時にはそれも、いいのでは。。。

と、思います

 

自分の心がきゅんとなるような

好きなものと一緒に過ごせる幸福感もあり

生地感が気に入っていれば

リメイクする楽しみもあります^^

 

今手元には

黒いショール

(顔周りに黒を使わなくなってきたので)

玄関マット

(エスニックな雰囲気から

 色を極力減らしてシンプルになってきたわが家)

 

近いうちに、またこの子たちも

なにかに変身するかもしれません♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です