はるのにっき 9がつ15にち

「きょうはじゅうごやだから、すすきをさがしにいこうね」

ゆうがた、ママがいった

 

ぼくはベビーカーにのって

ママとおさんぽにでかけた

 

ベビーカーにのると

そらがおおきくみえて

まいにちちがうくもがうかんでいる

だから、ぼくは

そらをみるのがすきだ

 

はれたひには

「きょうははるのひだね」

と、ママはいう

あおいそらがみえるひは

ぼくのひなんだって

 

きょうはくもがかかっていて

はいいろのそら

「よるはおつきさまがみえるかなぁ」

ママがそらをみあげていった

どうかなぁ

ぼくもそらをみあげた

 

みちのとちゅうで

ちかくにすむきゅうりのおじさんが

(なつになるとうれしそうにきゅうりをわけてくれるから、ママはそうよんでいる)

すすきをもっていた

 

ママがほしそうにしたら

おじさんはくさむらにはいって

ぼくのうちのぶんも、とってくれた

ママはよろこんでいた

おじさんは、やさしい

 

おさんぽであうひとは

いつもぼくのかおをみて

はなしかけてくれたり

わらってくれる

 

ぼくもわらえてきて

そうしたらまた、そのひとがわらう

そばにいるママもわらう

わらいがいっぱいになる

わらうって、たのしいな

 

おうちにかえったら

ママがおだんごをつくってくれた

わぉ!

やまもりだ!

ぼくもたべてみたいけど

まずはおつきさまにあげるのだといった

image

 

そして、ぼくはまだ

おっぱいとおかゆさんしか

たべたことがないから

「はるはもうすこしさきだね」

といって、おあずけになった

 

いつかあのやまもりのおだんごを

たべられるひがくるのだ

わぉ!

 

よるになったら

ママがぼくをそとにつれていってくれた

くろいそらに

まぁるいひかりがうかんでいた

 

ぼくはめがはなれなくなって

じぃっとみた

いきがはやくなって

はなのあながぷうっとふくれた

わぉ!

これがおつきさま

image

 

ぼくのかおをじぃっとみていたママは

「はるのめにうつったつきがきれい」

とわらっていた

 

よるにしごとからかえってきたパパは

おだんごをたべながら

ぼくをだっこして

「しらたまぼうや❤︎」

とあたまをなでなでしてくれた

 

ぼくのあたまはかみのけがすくなくて

まんまるだから

パパはよくぼくのことを

しらたまぼうやとよぶ

 

なんだかよくわからないけど

なでなでしてくれるから

きもちいいし、うれしい

 

このあいだパパがママにかいたてがみに

こうかいてあった

「これからも、ちいさなしあわせをたくさんあつめて、くらしていこうね」

 

うれしいきもちや

わらえちゃうことや

なでなでしてもらえることを

しあわせっていうのかな

 

そうだったら

ぼくはママのおなかからでてきて

たくさんしあわせをみつけた

 

このせかいは、いいところだ

 

つぎのじゅうごやには

きっとぼくはおおきくなっていて

おだんごをいっぱいたべられるんだ

わぉ!

 

そうしたら

ぼくはもっとしあわせだとおもう☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です