母になるということ

私の生活の中に

息子という存在が来てくれてから

世の中との関わり方や、見え方が

変わってきたように感じています

 

子供を連れて歩いていると

いろんな方がにこやかに声をかけてくださるようになりました

 

ちょっとした親切に

助けられることもしばしばあります

 

スーパーでの支払いを済ませた後に

レジカゴを荷作りする台に移動してもらったり…

エレベーターで先に待っていた方が

大きなベビーカーを抱える私たちに

順番を譲って下さったり…

 

他にもささいなことが

今まさにほしかった手助けとして

小さな親子を支えてくれるのです

 

息子が産まれる前の私だったら

きっと気づいてあげられなかったような

周りの方々のやさしさに出会い

私もまたいつか、誰かにお返しできますように…

と、思うのです

 

子供やお母さんに向ける眼差しも

変わりました

 

どの子もそれぞれに、わが子と同じように

神さまから授かった大切ないのちだと

思えるようになりました

 

一所懸命に子育てをするお母さんの姿を見ると

強くて美しいと感じ

我がことのように、応援する気持ちになります

 

母になるということは

子育てを通して

人として温かく大らかに

成長してゆくことなのだと

 

子育ては

そのための機会をいただいているのだと思う

今日この頃です

 

世の中と、自分のやわらかい部分を通して関り合いながら

お互いに支え、支えられ

人として、母として、成長してゆけますように…

img_3545.jpg

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です