春がきて、思うこと

3月に入り

冷たい空気が首筋をすうっと通り抜けるなかにも

陽射しは瑞々しくて、ほんのり暖かく

春の訪れをあちらこちらに感じられるようになってきました

 

わが家の庭では

大好きなクリスマスローズが一斉に咲き始めて

それはそれは美しくて

覗き込んでは

うっとり。。。。。

と、しています

 

クリスマスローズは地に這うように生え

そして花は恥ずかしげにうつむいていますので

私は大地に頭をこすりつけるようにして

うっとり。。。。。

としているのですが^ – ^;

 

3年ほど前に

憧れだったクリスマスローズの鉢を買い

まだ小さい苗だったので

「すぐに地植えはいけませんよ」

と言われ

ぐっとがまんして

少し大きめの鉢に移し替えて

一年を越しました

 

翌年には少し大きくなり

頼もしくなってきてくれましたので

ついに地面に根を下ろしました

 

それからは

半日陰のわが家の庭を好んでくれたようで

ぐんぐんと葉を繁らせて

花数も多くなってきました

(日当たり悪くてよかった!と思える、数少ない瞬間です…)

 

植物は、その性質に合う場所に置かれたら

後は自分の生命力で

ぐんぐんと成長してくれるものです

 

アメリカの園芸家であるターシャテューダーさんは

あたらしい植物を植えるときに

その球根を庭にばら撒くのだと聞いたことがあります

 

合う場所に落ち着いた球根だけが

そこで根を張り、育ってゆくのだと。。。

 

わが家も昔は

色んな野菜やハーブをあれやこれやと

植えてみましたが

日光大好きさんは、なかなか育たない(´・_・`)

 

もぅ、無理強いするのはやめました

あぁ、この子はこの場所が

好きではなかったのね

それでいいじゃない

その子の意思を、尊重しよう

 

まずはその子を、信じること。。。

あとは、その子の自然に、委ねること。。。

 

自分の人生にも

当てはめてみると

ふぅっと肩の荷が下りるような

気がします^^

 

この桜

ソメイヨシノよりも少し早めのこの時期に

ソメイヨシノよりも少し濃いめのピンク色の花を

綺麗に咲かせてくれます

 

近所の鈴木のおじいさんの畑の子です

 

数年前におじいさんが

「自分じゃ育てられないからって、知り合いに頼まれたんだ」

と言って、自分の畑に植えていました

 

「育ってくれるとい〜んだけど」

と、心配していたけれど

どうやらこの場所が気に入ったみたい(*^^*)

 

今ではこの時期に

畑の横を通る私たちの目を

楽しませてくれています

 

おじいさんがうれしそうだから

私もなんだか、うれしくなるのです

「桜、今年も綺麗だね!」

と、声をかけると

にこ〜っと笑ってくれました

 

あぁ、しあわせな、春がきた(*^^*)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です