すべては循環

 

世の中のために生きるという覚悟を決めてから

身の回りの出来事が

ぐんぐんと加速度を増して、動き始めています

 

願うことが、向こうからやってくる

思うように物事が進んでゆく

 

すべての生き物の根本には

生きようとするチカラがあるように

 

樹木が上に上にと伸び広がっていくように

 

すべての物事は

よくなるように、動いている…

そんな気がします

(例えそれが、今の時点で”よい”と思えなかったとしても)

 

身の回りに起こる出来事には

すべて意味があり

それらが私たち人間の作為では到底及ばないような

精妙さで重なり合っています

 

だからといって

その出来事の1つ1つに

とらわれ過ぎることもなく

 

淡々と

しかしどれもを軽視することなく

体験してゆくのが

人生なのかもしれません

 

それは果物の収穫のようで

 

たいせつに育てた実が熟して

それらを1つ1つ注意深く

真心と感謝を持ちながら

この手のひらでもぎとってゆくような…

 

かと言って

たわわに実っている果物たちを

ゆっくりじっくり採っていては

なかなか前に進まないわけで

 

その収穫行為は

淡々と進められる

自身の手で、実感を持ちながら…

 

その果物を

“生きるためのチカラ”として

この心身に取り込んで

 

その”チカラ”をもって、存在や行為として

世の中に還元してゆく

 

世の中は、循環している

この身も、循環の一部

やがてこの身も朽ちて

次の世代に繋がれてゆきます

 

与えられたこの身と場を

よりよき循環の一部として

生かしてゆけますように…

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です