地球の家族

 

屋久島に滞在しているときに

お家を見つけて

そこに住むことになったのですが

 

しばらく空き家になっていたそうで

それは大変なことになっていて…

 

虫…カビ…ホコリ…

窓を開けるたびに

桟に入り込んだ何匹ものゴキブリが

ばさばさ〜っ!と

音を立てて落ちてくる。゚(゚´ω`゚)゚。

 

どんなお化け屋敷よりも

スリリングなことになっていました

 

夫は仕事で名古屋に帰っていたので

ひとりで掃除をするにも、限界があり

現地で仲良くなった家族が

応援に駆けつけて

1日お手伝いをしてくれました

 

その存在は、本当に心強く

助かりました

 

お礼の気持ちを伝えると

「地球家族として、あたりまえのことをしただけだから…」

という返事が帰ってきました

 
 

地球に住まわせてもらっている

私たちはみんな、仲間

大きな意味での、家族

 

それぞれが、出来ることをして

相手を大切に思い

助け合ってゆけたら

地球上は

どんなにか素敵な場所になるでしょう

 

人間だけでなく

動物だって、植物だって

ここでしあわせになるために生きている

同士だから…

 

 

2歳半になった息子は

自分の名前を上手に言えます

 

「お名前は?」

と聞かれると

「かわぐち はるくんです^ – ^」

 

そして、他の人の名前を聞くと

おじいちゃんのことは

「かわぐち じいちゃん」

おばあちゃんのことは

「かわぐち ばぶちゃん」

 

(本当は、祖父母の苗字は違うのだけど…)

 

知らない虫の名前を聞くと

「かわぐち むしさん」

初めて見た鳥は

「かわぐち とりさん」

 

みんな、自分と同じ苗字がついているようです

 
 

かわいいなぁ…

素敵なことだなぁ…

みんな同じ、地球の家族

 

私もあえて

正したり、否定もせず

「そうなんだね〜^ – ^」

と、笑っています

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です