どんぐりのこれから

 

秋から冬にかけて

道端にたくさん落ちていたどんぐり

 

先日ふと

地面に目をやると

なんと根っこを生やしているではないですか…

 

あぁ、寒い冬を越して

今、そのいのちを芽ぶかせようとしている

 

そうか、落ちていたのではなくて

芽ぶく時期を

じーっと、待っていたのだ

 

 

堅い殻をやぶり

小さな根っこを必死に張って

重い頭をぐいっと持ち上げて

子葉をまさに開こうとしている姿は

 

これから春を迎えて

この世の中をたくましく生きていく姿で

けなげで可愛らしくも

力強さを秘めていた

 

 

新しいことを始めたり

変化の時には

大きなエネルギーがいるし

ゆらぎも沢山あるけれど…

 

もの言わず

ただ降り立ったその場所で

ひたすらに

根っこを張り

そのいのちを輝かせようとしている

どんぐりの姿に

背中を押してもらったような

気がします

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です